当サイト内コンテンツ案内
思春期ニキビはどうやったら治せる?
これがおすすめ!人気のニキビケア専用化粧品ランキング
ニキビってそもそもどうして出来る?
これだけ!薬を使ってニキビを治す方法
皮膚科でニキビを治療するのはいつ?
ニキビ予防と洗顔保湿の正しいやり方って?

ニキビ 薬 思春期 おすすめ

/思春期ニキビはどうやったら治せる?/
 10代の頃に出来るニキビは思春期ニキビとも言われています。これは、体の成長に合わせて、体のホルモンバランスが変化することによって、顔に皮脂や脂が出やすくなることが大きな原因ですが、他にも、汗をかいて放置したりすることよるお肌の乾燥も理由のひとつです。中学生や高校生の時は、特におでこの部分に出来やすいのも特徴です。一般的にも知られているニキビは、赤い色で腫れみがあるものを指しますが、これは、毛穴の奥でアクネ菌が繁殖して炎症を起こしている状態です。これを治すには、まず、炎症や腫れを治療薬で抑えて、更にお肌の状態を元へ回復させていく必要があります。
 意外と見落としがちになっているのが、ニキビを治すのに一番必要になるのは、お肌のターンオーバーであるということです。これは、お肌が本来持っている新しい肌細胞へ生まれ変わっていくチカラのことです。およそ28日周期で細胞が入れ替わることも知られてもいます。ニキビを治すのは、治療薬そのものではなくて、お肌の再生機能が進むことですから、きちんとターンオーバーが進むように、洗顔や保湿などによるお手入れで後押ししてあげましょう。

 

/これがおすすめ!人気のニキビケア専用化粧品ランキング/
 赤いニキビには、まず炎症を止めてターンオーバーを進めてあげることが必要ですが、実はニキビそのものにも幾つかのタイプ・種類があります。例をあげると、白ニキビ黒ニキビなどです。これは、まだアクネ菌による炎症が進む前の、毛穴の詰まりで皮脂が溜まった状態のものです。この状態を放置したりすると、更に悪化して赤ニキビになります。ですので、ニキビの大元そのものを断つのであれば、症状が軽い内に手を打って治してしまうか、そもそも毛穴の詰まり自体をなくすことだとも言えます。
 ここでは、毛穴の詰まりを防いだり(ニキビ予防)、またニキビ中のお肌でも安心して使えるケア化粧品を、値段の安い順ランキングでご紹介しています。詳しい洗顔と保湿のケアのやり方だったり、ニキビの仕組みについて解説しているページもありますので、毎日のお手入れ時の参考にしてみてください。

ニキビ 薬 思春期 治し方

/ニキビってそもそもどうして出来る?/
 思春期ニキビのはじまりは、毛穴の詰まりからです。上のところでも少し触れていましたが、角栓で毛穴が詰まると、奥で皮脂や古い細胞である角質が溜まりやすくなります。普段きちんとターンオーバーが進んでいれば、こういう皮脂などの老廃物は自然と体の外へ排出されていきますが、何らからの理由でそれが阻害されたりすると、塊になったりするなどで長く溜まることがあります。ここに、皮脂を好むアクネ菌が繁殖をすると炎症を起こして赤ニキビになります。この状態から更に悪化すると、中の炎症部分が膿んでしまう黄色ニキビや、更にもっと酷い紫ニキビに進んでいきます。
 ニキビは、お肌の環境が崩れてしまうために出来やすくもなりますから、ニキビを放置したり間違ったケアを続けてしまうと、余計に症状も悪化してしまいます。毎日お肌のお手入れを続けて、とにかく早めにお肌の異変に気付くこと、そして正しい対処をすること。これが、思春期ニキビを悪化させないポイントです。

 

/これだけ!薬を使ってニキビを治す方法/
 市販のニキビ治療薬を使った、ニキビの治し方をご紹介したいと思います。まず、薬を用意するところからですが、その前に、治療薬を使うタイミングを抑えましょう。軟膏クリームなどの薬には、抗炎症作用があり、主にニキビの原因のアクネ菌を殺菌する効果があります。ですので、まだ初期段階で炎症の起きていない白ニキビなどに使うのは、あまり効果が見込めません。逆に、むやみやたらに使ってしまうと、肌荒れや乾燥を招くことにもなりますから、使い方には注意しましょう。治療薬は、まずニキビの見た目や症状からタイプを見極めてから、利用するようにしてください
 ニキビの塗り薬では、ビフナイトテラコートリルペアアクネクリームオロナインH軟膏などが有名で、ドラッグストアで千円ほどで購入できます。実際に塗って使う時は、特に夜寝る前がおすすめです。塗る前に、まずは洗顔と保湿をしてお肌の状態をよくしてから、ニキビ部分に優しく薬を塗り込んでいきます。その後は、ぐっすりと十分な睡眠を摂りましょう。こうすることで、寝ている間に肌のターンオーバーも進みますので、よりお肌の回復が期待できます。

ニキビ 薬 思春期 皮膚科

/皮膚科でニキビを治療するのはいつ?/
 ニキビを皮膚科病院で治す―ニキビに悩んでいる方なら皮膚科での治療をご存知の方も多いと思います。ただ、症状がまだ進む前だったり、数が少ない、それほど目立たないなど、比較的軽い状態のニキビであれば、皮膚科に通わなくても、薬を使ったりなどしながら、自宅で治していくことは十分に出来ます。ただ、それでもどうしても治らないニキビがあったり、何度もニキビが治ったりできたりを繰り返してるニキビループの場合は、むしろ皮膚科で専門医にお肌の状態を診て貰った方が良いとも言えます。その方が、ニキビが出来てしまう原因そのものを解消できる可能性があります。
 もし赤ニキビが顔のあちこちに出来てて、セルフケアを続けていても回復が見られない時には、皮膚科の受診を考えてください。皮膚科では、専用の治療薬(飲み薬・塗り薬)を処方してもらえるほか、ピーリングなどの治療法も受けることが出来ます。費用は、薬代も含めてだいたい5千円かからない程度(保険がききます)です。ニキビによる色素沈着や、クレーターの凹みのようなニキビ跡を治すような場合は、美容整形外科などがありますが、こちらは基本的には保険はききませんので、費用はやや高くなります。

 

/ニキビ予防と洗顔保湿の正しいやり方って?/
 自宅でも出来るニキビケアのやり方をご紹介したいと思います。お手入れの基本は、何と言ってもこまめな洗顔と保湿なので、正しいやり方を身に着けましょう。まず洗顔からですが、これは泡立ちのいい洗顔料を選ぶところから。ごしごしこすったりはせず、泡で顔全体の汚れを吸着させて落とすのが基本です。特に、ニキビが出来てる時は、直接手で触れないようにして、泡で洗うことを心がけてください。次の保湿ですが、これは洗顔後5分以内を目安に行います。
 洗顔で一度失われた水分をお肌へ補給してあげるのが目的ですが、放置してしまうと余計な脂が出てきてしまいますので、なるべくすぐに取り掛かります。化粧水を手に取り、乾燥しやすい鼻、口周り、顎(あご)などから順に全体へと、塗り込んでいきます。薬を使う時はこの後から、ニキビ部分に優しく塗って下さい。このお手入れを、毎日こまめに続けていきますが、その他にも、バランスいい食事や十分な睡眠、適度な運動(代謝をよくします)など、体調管理にも気を配ります。体に悪いことは、お肌にも何らかの形で影響が出ます。ターンオーバーがきちんと進むようなお肌を意識して、ニキビが出来にくいお肌と体を維持していきましょう。