サイト内コンテンツ案内
市販されてるニキビ治療薬でも本当に治せる?
人気のおすすめニキビケア化粧品ランキング
男性ニキビの特徴と出来る理由とは?
ニキビを治すときの治し方とポイントは?
市販されてる飲み薬にはどんなのがある?
ニキビを作らない一番の予防法とは?

ニキビ 薬 市販 人気

/市販されてるニキビ治療薬でも本当に治せる?/
 ニキビが出来て治したい時に、ぱっと頭に浮かぶのが、ビフナイトオロナインH軟膏などのニキビ治療薬だと思います。ただ、塗り薬でも飲み薬でも、誤った使い方をすれば、かえってニキビの症状を悪くしてしまうことも考えられます。薬を利用する時はまず、正しい使い方を知りましょう。ニキビの薬ですが、すぐに治したいのであれば塗り薬を選ぶのが基本になります。一方で飲み薬の場合は、飲むだけなので手軽に使えるイメージですが、効果が現れて治りを実感するには、最低でも2、3週間はかかります。
 ニキビを治すのに便利な薬ですが、実際にニキビが治って、きれいなお肌へ回復していくのに本当に必要になるのは、お肌のターンオーバーです。これは、お肌が本来もっている肌細胞の生まれ変わりのことで、およそ28日周期で肌は生まれ変わると言われています。薬を使うときは、薬の効果でお肌のターンオーバーが進むように、後押ししてあげることがポイントになります。そのためにも、ケアの基本になる洗顔と保湿のやり方もおさえていきましょう。

 

/人気のおすすめニキビケア化粧品ランキング/
 実際に市販の塗り薬を使うときは、まず洗顔と保湿をして、お肌の環境を整えてあげてから塗っていきます。それに加えて、きちんとした睡眠を摂ることも大切です。先ほど紹介したターンオーバーは、夜の睡眠中に最もよく働くと言われていますから、肌がニキビ中の時には、睡眠不足には注意してください。こちらでは、ニキビが出来てしまっている時でも、安心して使えるニキビ専用のケア化粧品を、値段の安い順ランキングでご紹介しています。ニキビが出来る仕組みだったり、洗顔と保湿の詳しいやり方・化粧品の実際の使い方を詳しく紹介しているページもありますので、ぜひ参考にしてみてください!

ニキビ 薬 市販 男

/男性ニキビの特徴と出来る理由とは?/
 男性でもニキビトラブルに悩む方が増えているようです。ニキビは、特に若い頃に出来やすいので、10代や成長期の時の代名詞としても知られていますが、実際には大人になってからでも、突然出来ることがあります。若い頃に出来るニキビを思春期ニキビ、大人になってから出来るニキビを大人ニキビと呼ぶ場合もありますが、男性の場合は、ニキビが出来る原因は、ホルモンバランスの乱れから来る脂(皮脂)の増加や、お肌の乾燥の放置が主な理由です。
 男性ホルモンであるテストステロンの増加で、皮脂が出やすくなることがあります。その為、ストレスや疲労の蓄積でホルモンバランスが乱れると、肌荒れやニキビトラブルを起こしやすくなります。他にも、間違ったやり方のスキンケアを続けていたり、紫外線によるダメージなどでも、ニキビの治りが遅くなる原因になります。普段から食事や睡眠の摂り方に気を配り、適度な運動をする。こまめな洗顔と化粧水による保湿で、とにかくお肌の乾燥を防ぐ。ニキビが出来にくい肌環境をキープしてあげることが大切です。

 

/ニキビを治すときの治し方とポイントは?/
 ここでは、実際に市販薬を使ったニキビの治し方とやり方をご紹介してみたいと思います。まず洗顔と保湿からですが、洗顔は泡立ちのいい洗顔料を選んで、泡で包むようにまず洗います。この時、肌を強くごしごしこすったりせず、ニキビ部分に直接触れないようにしてください。保湿は、洗顔後5分以内を目安に、化粧水を顔全体に塗りこんで行きます。塗る時は、まず乾燥しやすい、口周りや目元・あごや鼻から順に潤し、顔全体へと塗ってください。顔を手の平で包んで離すとき、頬が手の平にくっついてくるのがひとつの目安です。乾燥肌が気になる場合は、更にその上から乳液をつけるのも良いと思います。お肌にフタをすることで、補給した水分が逃げるのを防いでくれます。
 塗り薬を使うのはこの後で、適量をニキビ部分に塗りこみます。塗り終えたら、そのまま十分な睡眠を摂ります。こうすることで肌のターンオーバーが進んで、お肌の回復が期待出来ます。この流れを、少なくとも最低2週間は続けていきましょう。炎症が止まり腫れがひいてきたなと感じたら、薬の使用は止め、洗顔と保湿のケアだけをその後も続けます

ニキビ 薬 市販 飲み薬

/市販されてる飲み薬にはどんなのがある?/
 皮膚科を受診すると、ニキビ専用の治療薬を処方してもらえますが、市販されている飲み薬や塗り薬を試すことも出来ます。飲み薬だと主に2タイプがあり、漢方薬を代表する生薬が配合されたものや、ビタミンB群が多く含まれたものがあります。生薬ではヨクイニンがホルモンバランスを整える効果、ビタミンBやビタミンCには、体の代謝促進効果や体調を整える効果、メラニンなどを抑制する抗酸化作用があります。
 ニキビに効く飲み薬でよく知られているのは、ライオンのペアA錠エーザイのチョコラBBプラス錠エスエス製薬のハイチオールB錠などがあり、薬局や通販サイトでも購入できます。ただ、効果の表れ方には個人差があり、場合にもよりますが、生薬の場合は吐き気や下痢などの副作用が出ることもあります。自分に合う薬を選んで使用していきましょう。使用する時は、3週間程度を目安に飲み続ける必要がありますが、体調の異変などを感じた場合には、服用を止めてください。また、他の薬を普段飲んでる場合には、併用して問題ないかどうか医師に相談することも必要です。

 

/ニキビを作らない一番の予防法とは?/
 ニキビが出来ないために一番必要なことって何でしょうか?それは毎日のこまめな洗顔と保湿のニキビケアであり、食事や睡眠などの普段の生活の仕方でもあったりしますが、最も大切なのは、新しいニキビが出来にくい体質(お肌)を保つことです。ニキビは、角栓で毛穴が詰まってそこに皮脂が溜まることから始まります。やがてそこにアクネ菌が繁殖し、炎症を起こすと赤く腫れた赤ニキビが出来ますが、赤ニキビを治すには手間と時間がどうしても必要になります。
 ニキビにも初期段階のものがあり(白ニキビ)、例えばその初期の段階で手を打って、それ以上の進行を食い止めて治してしまうのも、ニキビに悩まされないで済む予防法のひとつです。白ニキビの場合なら、ターンオーバーがしっかり働けば自然と消えてしまうことも多いので、そのためにも、毎日のこまめな洗顔と保湿は続けていきましょう。毎日の習慣にすることで、ちょっとしたお肌の異変にも、すぐ気が付けて早く対策も打てます。体に悪いことは、お肌にも何らかの悪影響が出ます。普段の生活の仕方にも気を配って、ニキビになりにくいお肌を維持していきましょう。