サイト内コンテンツ案内
1. 皮膚科でもらえる治療薬と市販薬の違い
2. おすすめのニキビケア専用化粧品ランキング
3. ニキビの飲み薬はどうやって使うの?
4. ニキビ用の飲み薬の人気ランキング
5. 皮膚科の先生も認めるニキビの治し方
6. これも必見!ニキビの原因と予防方法

ニキビ 薬 ランキング 皮膚科

/皮膚科でもらえる治療薬と市販薬の違い/
 ニキビが治らなくて困ったときに、皮膚科病院で見てもらうと、ニキビ治療専用の薬を処方してもらえますが、これには幾つか種類があります。塗り薬飲み薬のタイプの違いや、他にも、抗生物質・ビタミン剤・漢方薬などがあります。普通の薬局で売られている市販薬でも、同じようにニキビ治療に利用することは出来ますが、やはり皮膚科で貰う薬の方が、効き目が強いのが特徴です。ただ、ステロイド系の軟膏クリームなど、使い方を誤ると副作用が出てしまうものもありますから、利用する時は注意も必要です。
 薬でニキビを何とかしたいと思う場合は、まず市販されてるニキビ治療薬、ビフナイトオロナインの軟膏や、飲み薬のチョコラBBプラスなどを試してみて、それでも全く治る気配が見られない時に、皮膚科で診て貰う流れで良いと思います。まずは自宅でも簡単に出来るニキビケアのやり方を知って、治していきましょう。

 

/おすすめのニキビケア専用化粧品ランキング/
 ニキビを治す時の基本は、毎日のこまめな洗顔と保湿です。少し間違いやすい部分もありますが、ニキビを治すのは治療薬ではなく、実はお肌のターンオーバーです。これは、お肌が本来持っている、肌細胞の生まれ変わりのことで、約28日の周期であることが知られています。例えば、治療薬を塗ってたった1日で完治することはありませんから、焦らず少しずつ治していきましょう。こちらでは、ニキビ中のお肌でも安心して使える、ニキビケア専用の化粧品を値段の安い順のランキングでご紹介しています。詳しい化粧品の使い方だったり、洗顔と保湿のポイントを詳しく説明しているページもありますから、ぜひ参考にしてみてください!

ニキビ 薬 ランキング 飲み薬

/ニキビの飲み薬はどうやって使うの?/
 ニキビの薬にも、塗り薬と飲み薬がありますが、手軽に使えて便利なのが錠剤タイプの飲む薬です。皮膚科で出してもらえる薬もありますが、ドラッグストアなどでも同じく売られているので、簡単に手に入ります。ただ、飲み薬だけですぐにニキビが治ってしまう、というわけではないので、使う時は用法や容量を確認して正しく使ってください。
 上の部分でも少し触れていましたが、ニキビそのものが治るのに必要なのは、お肌のターンオーバーが進むことですから、飲み薬はあくまで、それを後押しさせてあげるものとして考えてください。飲み薬の場合は、1日2回〜3回に分けて飲むものがほとんどです。実際に利用するときは、毎日のお肌のお手入れを続けつつ、合わせて薬も飲み続ける必要があります。実際に薬の効果が感じ始められるには、最低でも2週間〜3週間はかかりますから、毎日忘れずに飲みましょう。普段、別の薬を飲んでいたりする場合や、アレルギー性の疾患がある場合には、服用する前に薬剤師さんか医師の方に相談してください。

 

/ニキビ用の飲み薬の人気ランキング/
 市販されてるニキビの飲み薬を少しご紹介してみたいと思います。ライオンのペアA錠エーザイのチョコラBBプラス錠エスエス製薬のハイチオールB錠本草製薬の本草ヨクイニン錠Sなどがあります。化粧品の口コミサイトでも有名な、アットコスメのランキングでもよく登場する飲み薬です。
 少し補足すると、市販の飲み薬には、ビタミンが配合されているもの、漢方薬などの生薬が配合されているもの、またはその両方が配合されているものと分かれます。例えば、ペアA錠なら、ビタミンと生薬のヨクイニンの両方が入っていますし、ハイチオールB錠(ハイチオールCの方が有名ですが、ニキビの場合はこちら)の場合は、ビタミンBビタミンCが配合されています。生薬が入っている場合は、稀に吐き気や下痢などの副作用が出ることもありますから、体調に異変を感じたら使用を中止してください。ビタミン剤を選ぶ場合には、ビタミンB2とB6に注目してみましょう。これらには、お肌の代謝を促して皮脂の分泌を抑える効果があります。またビタミンCには、しみなどの色素沈着の原因になるメラニンを抑え(抗酸化作用)、体調を整える働きがあります。

ニキビ 薬 ランキング おすすめ

/皮膚科の先生も認めるニキビの治し方/
 実は皮膚科の先生も、自宅での洗顔と保湿をこまめに続けることの重要性を認めています。ニキビは、お肌の環境が崩れて、肌のターンオーバーが正常に行われなくなっているサインとも見て取れるため、その為にも、洗顔と保湿でよい肌環境をキープすることが重要です。ニキビが出来てしまった時、塗り薬を使う時のやり方をご紹介してみると、まず、薬を塗る時は夜寝る前がおすすめです。寝ている間は、ターンオーバーが強く働くことが分かっていますから、薬の効果と合わせてお肌の回復が期待出来ます。
 洗顔は、泡立ちのいい洗顔料で泡で優しく包むように洗います。保湿は、洗顔後5分以内に(乾燥を放置してしまうと脂が出てきます)化粧水を使って、乾燥しやすい口周りや目元・鼻などの部分から顔全体にかけて、丁寧に塗りこんでいきましょう。手の平で顔を包んで離すとき、手に頬がくっついてくるのが目安です。この後、塗り薬を適量を直接指で構わないので、ニキビ部分に優しく塗っていきます。髪の長い方は、髪の毛を束ねたり、絆創膏でガードするなどして、寝てる時ニキビ部分に手や髪の毛が触れないようにしましょう。ニキビの腫れが治まったり赤く見える炎症が止まったら、薬を塗るのを止め、洗顔と保湿だけをその後も続けていきます。

 

/これも必見!ニキビの原因と予防方法/
 ニキビの原因は、体のホルモンバランスの乱れか、お肌の乾燥によるものがほとんどです。ホルモンバランスが乱れて、男性ホルモンであるテストステロン優位の状態になれば、肌に皮脂が出やすくなり、お肌の乾燥も余計な脂が出やすくなります。これは、運動不足やストレス、偏った食事や睡眠不足などでもつながりやすくなり、お肌のターンオーバーが乱れる要因にもなります。お肌にも悪い影響が出てしまいますから、普段の生活の仕方にも気を配ってみましょう。
 ニキビの始まりは、角栓で毛穴が詰まりそこに皮脂が溜まって、上手く外へ排出されないままになることで進んでいきます。この状態のもの白ニキビとも呼びますが、やがて更に悪化すると、皮脂にアクネ菌が繁殖して炎症を起こし、良く知られている赤ニキビへ変化していきます。赤ニキビになると、治すにも時間がかかり、治った後でも色素沈着や赤みなどの、ニキビ跡につながることがあります。毛穴の詰まりそのものをなくすか、初期段階の白ニキビ、黒ニキビの内に手を打ってしまうのも、ニキビの予防法のひとつです。普段からこまめにニキビケアを続けて、ニキビで出来にくいお肌を維持していきましょう。