サイト内コンテンツ案内
1. これが基本!思春期ニキビの原因と治し方
2. 思春期ニキビにおすすめのケア化粧品ランキング
3. 男性ニキビが出来る理由と予防法って?
4. ニキビ治療薬の使い方と注意点とは?
5. 薬局で手に入るおすすめのニキビ治療薬って?
6. ニキビを作らないために出来ること

ニキビ 薬 おすすめ 思春期

/これが基本!思春期ニキビの原因と治し方/
 中学生や高校生の時に出来やすいイメージのニキビですが、大人でも、突然口周りや顎(あご)部分に出来ることがあります。若い頃に出来るのを思春期ニキビ、体が成長してから出来るものを大人ニキビと呼ぶこともありますが、その主な原因は、ホルモンバランスの乱れで皮脂が出やすく溜まりやすくなること、肌の乾燥の放置などがあげられます。特に思春期ニキビの場合は、体の成長に合わせて男性ホルモンが増えるので、男性も女性も、お肌に脂が出やすくなります。ただ、その一方で、正しいケアを続けてあげれば、若く体の代謝も活発なので、すぐ治りやすいという側面もあります。
 ニキビの回復には、肌のターンオーバーがとても重要になります。これは、お肌が本来持っている、肌細胞が自然に生まれ変わる機能のことで、およそ28日周期で生まれ変わると言われています。ニキビが出来たら、まず洗顔と保湿をこまめに毎日続けながら、このターンオーバーが進むようにしましょう

 

/思春期ニキビにおすすめのケア化粧品ランキング/
 さきほどお伝えした肌のターンオーバーですが、これは睡眠中に最も強く働きます。お肌がニキビ中の時には、特に睡眠不足にも気をつけましょう。また、赤く見える赤ニキビを治す場合には、洗顔と保湿をしつつ、市販されているニキビ治療薬を使うのも、治す方法のひとつです。赤ニキビの場合は、毛穴の奥でアクネ菌が繁殖して炎症を引き起こした状態なので、薬でまず炎症を止める必要があります。炎症を止めてからも、お肌のお手入れは必要になりますから、ニキビケアを続けながら、少しずつお肌の回復を進めてあげてください。
 ここでは、ニキビ予防や治す時のお手入れで使える、おすすめの人気化粧品を値段の安い順のランキングでご紹介しています。洗顔と保湿の詳しいやり方を解説してくれてるページもありますので、気になる方はチェックしてみてくださいね!

ニキビ 薬 おすすめ 男

/男性ニキビが出来る理由と予防法って?/
 男性ホルモンのテストステロンが増えると、皮脂が出やすくなります。男性の場合は特にそれが顕著で、肌の乾燥を放置するなどすると、お肌がバリアを張ろうと脂を多く出す影響で、ニキビの原因にも直結してしまいます。間違ったケアを続けてしまえば、乾燥肌とオイリー肌を行ったり来たりの悪循環ループになりやすくなりますから、注意してください。
 ニキビは、角栓によって詰まった毛穴に、皮脂や角質が溜まることから始まります。この状態で、お肌に白く皮脂がぷくっと浮かび上がったものを白ニキビ、酸化して黒く見えるものを黒ニキビといいます。この状態から、更に状態が悪化していくと、アクネ菌の繁殖で炎症を起こした状態の赤ニキビへと変化していきますから、なるべく早い段階でニキビの進行を食い止めることも、予防の大切なポイントです。また疲れなどの体調悪化や、胃腸の不調で現れるニキビもあります。

 

/ニキビ治療薬の使い方と注意点とは?/
 ここでは、毎日のニキビケアのやり方と、実際に治療薬を使ってニキビを治す方法をご紹介していきます。まずニキビケアは、洗顔と保湿が基本になりますから、やり方をしっかりおさえましょう。洗顔は、泡立ちのいい洗顔料を選んで泡洗顔をしていきます。手の平でしっかり泡を作ってから、泡で顔全体を包むように優しく洗います。この時、にきび部分は強くこすったりしないようにします。洗顔の後は保湿ですが、これは洗顔後5分以内に行うようにしましょう。化粧水を手に取り、指で乾燥しやすい口周りや鼻・目元部分などから塗っていき、最後は手の平を使って全体へと塗りこんでいきます。
 ニキビの治療薬を塗るのは、この後からです。ニキビ部分に、適量をクリームが消えるまで塗りこみます。治療薬を使う時は、夜寝る前がおすすめです。睡眠中には、ターンオーバーも働くので、薬の効果と合わせてお肌の回復が期待できます。寝ている間に、顔をかいたりするのが心配な方は、絆創膏でガードしましょう。薬を使う場合は、これらのケアを続けながら1週間くらい様子を見ながら、お肌が回復しているかチェックしてください。

ニキビ 薬 おすすめ 薬局

/薬局で手に入るおすすめのニキビ治療薬って?/
 近所のドラッグストアでも簡単に手に入る、代表的な薬を幾つかあげてみると、ペアアクネクリームオロナインH軟膏ビフナイトテラコートリルなどが有名です。値段も比較的手ごろで千円前後で手に入ります。これ以外の薬でも、ニキビに効くかどうかを確かめたい時は、お店の人に聞いてみるか、もしくは、商品の箱の説明欄で確認が出来ます。効能の欄に「にきび」と書いてあれば、治療に使っても問題ありません。他にも、効き目が強いステロイド系の薬もありますが、これは長く使うと赤みが出たり、肌が薄くなるなどの副作用がある強いものなので、使用する際は注意してください。
 上でもご紹介しているように、洗顔と保湿をした後で薬を塗っていきますが、1週間程度使って様子を見ても、ニキビの回復が見られない場合には使用を中止してください。この場合は、お肌の環境が大きく崩れているか、あるいは、ニキビではないお肌の疾患の可能性も考えられるので、一度皮膚科で専門の医師に診てもらいましょう。

 

/ニキビを作らないために出来ること/
 ニキビを予防するには、実は毎日のお肌のお手入れがとても重要です。皮膚科のお医者さんも、肌の環境をよくして常に清潔で潤った状態にキープしておくことの大切さを認めています。ニキビが出来てしまうのは、それなりの理由があり、お肌の環境が崩れているサインでもあります。そのため、ニキビが治った後でも毎日の洗顔と保湿はそのまま続けましょう。
 普段から、お肌のターンオーバーがしっかり働くような環境になっていれば、白ニキビが突然出来ても、自然と消えてしまうことがほとんどです。その他、十分な睡眠を摂ってストレスを貯めないようにする、バランスよい食事で、糖分や脂っこい食べ物の食べ過ぎに気をつける、夏場は紫外線予防、冬の乾燥する時期は、とにかく保湿で徹底的にお肌を守ることなどが、おすすめの予防策です。こまめな毎日のケアを習慣づけして、お肌のトラブルを招かないようにしていきましょう。