当サイト内コンテンツ案内
1. ニキビって市販の薬でも治せる?
2. おすすめのニキビケア専用化粧品ランキング
3. ニキビ治療薬の種類とその選び方とは?
4. 基本はこれ!ニキビ治療薬の塗り方と治し方
5. ニキビはそもそもどうやって出来る?
6. 皮膚科の医師も認める自宅ケアって?

ニキビ 薬 塗り方

/ニキビって市販の薬でも治せる?/
 おでこや口周り、あごやこめかみなどに突然出来てしまうニキビ。ニキビは知ってるけど、出来る仕組みや、詳しい治し方を知っている方はあまり多くないかもしれませんね。ニキビを治す一番の方法は、早期発見と正しい毎日のケア(洗顔と保湿)です。赤くなったニキビを治すには、やや時間もかかりますが、根気よく続けていけば自宅でも治すことは出来ます。ただ、注意が必要なのは、市販されているニキビの薬を塗ったからといって、たちどころにすぐ治るわけではなく、お肌の環境を整えてあげながら、お肌の回復を待つ必要があります。
 お肌には元々、ターンオーバーと言って、自然に新しい肌細胞へ生まれ変わっていくチカラが備わっています。そのサイクルはおよそ28日周期、赤いニキビが出来てしまった時は、まずは炎症を止めてあげて、その上でターンオーバーを進めてあげましょう。これはニキビが治った後に出来るニキビ跡(色素沈着や赤み)でも同じです。ニキビが出来てしまった時は、お肌の環境が乱れてしまった、何らかの原因もありますから、例えば何度もニキビが出来てしまうような場合には、大元になっている原因を突き止めて根本から改善していく必要もあります。

 

/おすすめのニキビケア専用化粧品ランキング/
 ニキビを治療薬を使って治すとき、必要になるのが洗顔と保湿です。洗顔と保湿で、お肌を回復が進みやすい状態にキープしてあげられれば、それだけターンオーバーによる回復も早くなりますから、こまめにケアを続けていきましょう。ここでは、薬で治す時に安心して使える、おすすめのニキビケア化粧品を、価格の安い順ランキングでご紹介しています。普段お肌に直接使うものだから、きちんとしたものを選ぶのも大切なポイントです。ニキビが出来てしまう原因や、実際の洗顔と保湿のやり方を詳しい説明がのっているページもありますので、ぜひ参考にしてみてください!

ニキビ 薬 市販 塗り方

/ニキビ治療薬の種類とその選び方とは?/
 自宅でニキビを治す時に使える治療薬ですが、近所の薬局などで簡単に手に入れられます。ニキビに効く薬には、塗るタイプの薬と飲む錠剤薬があり、それぞれで使い方が異なります。塗り薬の治療薬で人気で有名なものでは、ビフナイトペアアクネクリームテラコートリルオロナインH軟膏などがあります。手に取った薬がニキビ治療に使えるかどうか見極めるポイントは、薬の外箱の説明欄を確認すれば判断できます。効能の欄に「にきび」と記載があれば問題なく使えます。
 治療薬の中には、ステロイドなどのように比較的効果が強いものもあり、敏感肌の方には薬が合わなかったり、お肌に赤みが出るような副作用が出る場合もありますから注意してください。もし初めて薬を利用するなら、まず非ステロイド系の薬を選んでみて、治りが遅いと感じたらステロイド系の薬を試してみる、という形で良いと思います。飲み薬の場合は、チョコラBBプラス、ハイチオールBなどがありますが、実際に効果が感じられるまで、最低2、3週間は飲み続ける必要があります。飲み薬は、例えば代謝をよくしたり、肌のターンオーバーを正常にしたりするような、体の内側から回復を後押しするのが目的ですので、補助的に使うようにしましょう。

 

/基本はこれ!ニキビ治療薬の塗り方と治し方/
 ニキビと言えば、赤く腫れたニキビ(赤ニキビ)を思い浮かべることも多いと思いますが、症状の進み具合で、それよりも前の段階の白ニキビ黒ニキビなどがあったりもします。赤ニキビは、白ニキビや黒ニキビの状態から、更にアクネ菌が毛穴に詰まった皮脂に繁殖して、炎症を起こしたニキビです。塗り薬を使う時は、その炎症を止める目的で使います。実際に薬を塗る時は、夜寝る前がおすすめですが、先にまず洗顔と保湿をしてから塗っていきましょう。塗り方は、直接指で構わないので、適量を指に取ってニキビ部分に薬が消えてなくなるまで塗りこみます。
 薬を塗り終えたらしっかり睡眠も摂ります。ターンオーバーは寝ている間に最も強く働きますので、お肌がニキビ中の時は特に、睡眠にも気をつけてください。炎症が治まったり、赤い腫れみがひいたら薬の使用は止めて、洗顔と保湿のケアをそのまま続けていきましょう。市販されている塗り薬には、アクネ菌を除去する殺菌効果があるので、炎症が止まってからも使い続けると、肌荒れやお肌の乾燥を引き起こす原因にもつながります。ニキビが治るのに本当に必要なのはターンオーバーですから、炎症が止まっても、洗顔と保湿によるお手入れは続けていきましょう。

皮膚科 ニキビ 薬 塗り方

/ニキビはそもそもどうやって出来る?/
 ニキビのそもそもの始まりは、毛穴の詰まりからだと言われます。角栓で毛穴が塞がると、毛穴の奥で皮脂や角質が外へうまく排出されずに溜まりやすくなり、やがて塊が出来ることがあります。ニキビの芯というコトバを聞いた事があるかもしれませんが、この塊がそれです。そこへアクネ菌が繁殖を始めると炎症が起こり、赤く腫れたようになりますが、このアクネ菌は皮脂を好むので、皮脂が溜まりやすい状態になっていれば、それだけニキビを誘発しやすくなります。
 疲れの蓄積や睡眠不足による免疫力低下、ストレスなどによるホルモンバランスの乱れも、お肌のトラブルを招きやすくなります。10代の若い時に出来る思春期ニキビは、成長期のホルモンバランスの変化による皮脂の過剰分泌が原因ですが、それに対して、大人ニキビの場合は、お肌の乾燥によるものがほとんどです。どちらも、肌に脂が出やすくなることが要因ですから、普段からお肌の乾燥を防いで、睡眠や休息をしっかり摂りましょう。場合によっては、胃腸系の病気のサインとして出来ることもありますので、何度も出来てしまったり、なかなかニキビが治らないような場合には、皮膚科病院で医師の診断を受けることも考える必要があります。

 

/皮膚科の医師も認める自宅ケアって?/
 出来てしまったニキビを治すことも必要ですが、それ以上に新しいニキビを作らない予防ケアも大切です。実は、皮膚科病院の医師の方も、毎日の洗顔と保湿ケアで、ニキビが出来にくい環境を保つことの大切さを認めています。ニキビには、出来始めの白ニキビから、症状が悪化していく赤ニキビ黄色ニキビまで、段階がありますから、そもそもの原因である毛穴の詰まりを防ぐことの他に、白ニキビなどの初期段階の早い内に手を打って、悪化させないうちに治してしまうのも、予防法のひとつになります。毎日こまめにお肌のお手入れを続けていれば、お肌のちょっとした異変にも気付きやすくなりますから、それだけニキビにも気付きやすくもなります。
 お肌のターンオーバーがきちんと働いていれば、ちょっとした白ニキビが出来てしまっても、洗顔と保湿ですぐに消えてしまうことも決して少なくありません。洗顔は泡立ちのいい洗顔料を選んで、優しく包むように洗い、保湿は洗顔後すぐに、化粧水や乳液を使って、念入りに水分を補給していきます。塗り方は、顔の部分でも乾燥しやすい、鼻、口周り、あご、目元などを特に丁寧に塗ると良いでしょう。ニキビが治った後も、それで安心したりはせず、ニキビケアは続けていってください。適度な運動で軽く汗をかくなども、体の代謝をよくするので、お肌の回復にも効果的です。