サイト内コンテンツ案内
1. ニキビって薬で治せるもの?
2. 薬を使う時におすすめニキビ化粧品ランキング
3. 市販のニキビ治療薬の選び方
4. 薬でニキビを治す時のポイントとは?
5. 皮膚科でしてくれること
6. 毎日のニキビ予防が大切なわけとは

ニキビ 薬 おすすめ

/ニキビって薬で治せるもの?/
 ある日突然出来ることもあるニキビ、赤く腫れると痛みやかゆみを伴うこともあります。ニキビと言えば赤い色の赤ニキビを指す事が多いですが、これは角栓で詰まった毛穴に皮脂が溜まり、そこにアクネ菌が繁殖して炎症を起こした状態です。ただ、実はニキビと言っても、炎症を起こす前の段階の白ニキビ黒ニキビなどもあり、なんでもかんでも治療薬を使えば良いというわけではなく、見た目や症状などからニキビの状態を判断して、適切なケアを選ぶ必要があります。
 近所の薬局、ドラッグストアでも売られているニキビ治療薬は、主に赤ニキビの炎症を止めるために使われます。赤ニキビの場合、薬を塗ってもすぐ治るということはなく、炎症が止まって肌が元のキレイな状態に戻るには時間がかかります。ですので、まずはニキビについてきちんと理解するのと同時に、毎日のお手入れの仕方と治療薬を使った治し方を知って、少しずつケアを進めていきましょう。

 

/薬を使う時におすすめニキビ化粧品ランキング/
 ニキビを治すには、治療薬を使うのも方法のひとつですが、それ以上に大切になるのがお肌のターンオーバーです。お肌には元々、新しい肌細胞に生まれ変わっていく機能が備わっていて、およそ28日周期で生まれ変わると言われています。赤く目立つ赤ニキビを治す場合は、まず炎症を止めて、それからこのターンオーバーをきちんと進めてあげる必要があります。特にこのターンオーバーは睡眠中に強く働きますので、毎日洗顔と保湿のケアを続けながら、ニキビ中の時は睡眠もたっぷりと摂るようにしましょう。
 こちらでは、そんな毎日のケアに安心して使えるニキビケア専用のおすすめ化粧品を、価格の安い順ランキングでご紹介しています。詳しい洗顔と保湿の仕方を解説してるページもありますから、気になる方はそちらも参考にしてみてください!

ニキビ 薬 市販

/市販のニキビ治療薬の選び方/
 こちらでは、実際に使える市販のニキビ治療薬の選び方をお伝えしたいと思います。にきびの治療薬はすぐ近くの薬局などのお店ですぐ見つけられます。有名なものでは、ビフナイトオロナインH軟膏テラコートリルペアアクネクリームなどがあり、千円前後で購入が出来ます。治療薬には、非ステロイド系とステロイド系があります。
 ステロイド系の薬は皮膚科でも処方される薬で、殺菌・抗炎症作用が強い一方で、お肌への負担も強いので敏感肌の方にはあまり向きません。はじめての方であれば、非ステロイド系を選んでみて、効き目が感じられない時に、ステロイド系の薬を選ぶなどすると良いと思います。ニキビに効く薬かどうか分からない場合は 、薬局の薬剤師さんに相談するか、市販薬のパッケージの説明の効能の欄を確認してください。効能に「にきび」と書かれていれば、ニキビに効く薬です

 

/薬でニキビを治す時のポイントとは?/
 ニキビ治療薬を使って治す時は、洗顔と保湿をした後、夜寝る前に使うのがおすすめです。詳しく説明すると、まず洗顔についてですが、ニキビ中の時は特に丁寧にやさしくお肌を洗ってください。泡立ちのいい洗顔料で、泡で包むように洗うのがおすすめです。ニキビ部分には直接は触れず、こすったりしないようにもしてください。保湿は洗顔した後、5分以内に必ずします。洗顔で失われた水分を補給するのために、化粧水を使ってお肌全体に塗り込んでいきます。更にその後、乳液でお肌にフタをすると、補給した水分をキープできます。
 薬を塗る時は、直接で構わないので清潔にした指で、ニキビ部分に塗り込みます。薬が白い場合は、透明になって消えるまで塗ってください。塗った後は、絆創膏でガードするなどしてニキビ部分を保護して、たっぷり睡眠を摂りましょう。寝ている間にターンオーバーが進むので、薬の効果と回復がより期待できます。腫れがひいたり炎症が止まれば、薬の使用を止め、洗顔と保湿だけをその後も続けます。

ニキビ 薬 皮膚科

/皮膚科でしてくれること/
 ニキビは皮膚炎のひとつでもあるので、病院で治療を受けてしまった方が、治すのも早いと言えます。ただ、それなりに費用もかかってきますので、ここでは皮膚科で診てもらった方が良い場合の、その目安をお伝えしたいと思います。上の部分でも少し触れていたように、ニキビにも症状の進み具合で幾つか種類が分かれます。
 ニキビは毛穴の詰まりから始まりますが、順に、白ニキビ黒ニキビ赤ニキビ黄色ニキビ紫ニキビへと変化していきます。皮膚科で診て貰った方がいいのは、ズバリ赤ニキビからです。ただ、それも出来た数や範囲が一箇所だけだったり、それほど気にならないのであればお家でのケアでも、少しずつよくしていくことは出来ます。逆に、顔のあちこちに出来てしまってる場合や、治ったり出来たりを何度も繰り返すような場合には、皮膚科での治療をおすすめします。皮膚科で診てもらうと、専用の治療薬を処方してくれる(飲み薬や塗り薬)他、ピーリングなどの専門治療を受けれます。ピーリングはお肌の環境をいったんリセットすることで、お肌の本来の回復力を引き出す治療法です。一回の施術で約2万円程で受けられます。

 

/毎日のニキビ予防が大切なわけとは/
 若い頃の思春期ニキビも、大人になってからの大人ニキビでも、その原因はホルモンバランスの変化による皮脂の過剰分泌か、お肌の乾燥によるものです(アクネ菌は特に皮脂を好みます)。ただ、その他にもストレスや睡眠不足などの免疫力の低下、偏った食事、間違ったスキンケアなども、原因につながります。
 赤ニキビが出来ると、治していくにも時間がかかりますが、症状の具合によっては治ってからのニキビ跡も悩みの種になります。ですので、普段からニキビが出来にくいお肌の状態をキープしておくことの方が、実は一番大切です。そのためにも、ニキビが治った後も、毎日の洗顔と保湿によるニキビケアは続けてください。体によくないことは、お肌にもよくありません。軽い運動で体の代謝をよくしたり、睡眠時間をしっかり確保するなど、お肌のターンオーバーを意識しながら過ごしていきましょう。